FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポジティブ心理学

Category : ポジティブ心理学
Positive Psychologyは日本語で肯定心理学とかポジティブ心理学と訳されます。研究者の中にはSubjective Wellbeing (SWB)という言葉と同義で使われる事もしばしば。

80年代、それまで鬱病や失調症などのネガティブな精神状態の研究と治療に特化していた心理学会が、Ed Diener博士(のちに取材記事を載せますね)やMartin Seligman博士(のちに取材記事を載せますね)などの世界的権威が「ポジティブな精神状態」を増幅することにも注力すべきと研究を提唱。

平たく説明しますね。 例えば精神状態が平常値の0から見て、マイナス20で凹んでいる人を0に戻すのが、これまでの心理学であるのに対し、ポジティブ心理学は0の人をプラス14へ、既にプラス8の人をプラス34へ、と幸福度をより高めて続けて行く事に注力しています。 更に詳しい説明はwikipediaへ。

自己啓発書や哲学書などの「幸せ」へのアドバイスは、先人の個人的な経験から導きだされたものである一方、ポジティブ心理学の療法は、実験を繰り返し科学的に実証されたデータを根拠としている。

へぇー、科学的に裏付けられたハピネス向上テクニックはどんなものがあるのか?

著名なポジティブ心理学者達に話を直接聞くのが一番早い、ということで、僕らの取材攻勢は始まったのです。



スポンサーサイト

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

Comment

非公開コメント

プロフィール

- 清水ハン栄治

Author:- 清水ハン栄治
-
世界を旅するメディア・プロデューサー。自身のつくり出すコンテンツで世界平和や人類の幸福に貢献できる、と本気で信じている奇特なアラフォー。

ペンシルバニア大学認定ポジティブ心理学資格取得、マイアミ大学MBA。企画プロデュースした書籍は世界20カ国以上10カ国語で出版されている。

このブログではドキュメンタリー映画「Happy」の制作過程で学んだ「ハピネス向上のコツ」を綴って行きます。

ポジティブ心理学や脳医学などの科学的な見地に加え、ヴィパッサナーやチベット仏教の瞑想法の他、OSHOアシュラム、Taize、The Art of LivingやAuroville、Findhornなどでの多くのワークショップや研修を経て瞑想ファシリテーター資格も取得、幸せを向上の実践術を広めています。

http://twitter.com/latinsamurai
http://www.cnngo.com/tokyo/life/how-be-happy-621252
http://www.cnngo.com/tokyo/life/manga-mankind-958592
http://thehappymovie.com
http://emotionalcontent.net

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。